ユトリロ

先日 近代美術館でユトリロ展を見て来ました

モーリス・ユトリロ  フランスの画家です

パリの街並みを描いた 静かな風景画が彼の作品のほとんどで

派手さはありませんが 色づかいがとても好きだなーって思いました

フランスの建物に配されている色って たとえば赤でも 昔からとっても上品だったんだなーって思います

特に わたしの目には ブルーがとてもきれいだなーっていう 印象でした

ユトリロは 「白の時代」 といわれる作品群があるだけに

白にすごくこだわっていて 絵の具に漆喰や石膏などを混ぜて 表情を作り出していたそうです

そんなのアリなんですねー     だから 絵の中の壁は本当の塗り壁みたいな風合いがありましたよ (゜o゜)

ユトリロが 「パリの思い出に何か一つ持っていくとしたら?」 という質問をされて 『漆喰のかけら』 と答えた

というエピソードが すごく心に残って

ココティークのフランス漆喰を見る目も ちょっと 感慨深くなりそうな 増野なのでした

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>